1. TOP
  2. 私たちの想い
  3. CASE2
CASE2

プリセプティー&プリセプター対談

「先輩はあこがれです!」
今まで言えなかった、ホンネたっぷりのお話。

プリセプティー&プリセプター対談

普段なかなか言えないホンネ…
同じ病棟で働く先輩と、入職して間もない新人の二人が毎日の中で感じていた想いを伝えあいました。

先輩(左) / 新人(右)

看護的な面からの質問が嬉しかった

Let's Talk! 看護的な面からの質問が嬉しかった
新人:
私、住友病院には学生の頃から実習でお世話になっていたんです。その時から先輩は印象に残っていて!
先輩:
え!そうなん!?
新人:
綺麗な人だなぁと思っていたんです。
働きはじめてからは、すごく優しく教えてくれて、看護師としてだけではなく一社会人としての考え方なども、まだまだ未熟な私たちに教えてくれました。
先輩:
ありがとうございます(照)そんな見てくれるなんてびっくり(笑)
私はあなたが入職してきてくれたとき、フレッシュな感じが眩しいなって思ったよ。
業務の面でもきちんと振り返りもできているしえらいなって。
Thank you! 看護的な面からの質問が嬉しかった
新人:
ありがとうございます!
私は先輩の患者さんに寄り添っているところがすごいなって思っています。
血液内科の病棟なので、移植をしたり、終末期を迎えたりと、今後の治療に対して不安になられている患者さんが多くいらっしゃる中で、先輩は看護師を必要としているタイミングでお話をされていて。
患者さんも先輩にお話を聞いてもらって、気持ちが楽になっていると記録を見ても伝わってきます。
先輩:
ありがとう。入職したばかりでいっぱいいっぱいになる時期だけど、その部分とかは自分から尋ねてきてくれたよね?
業務的な部分だけではなくて、看護的な面からも考えようとしてくれているんだって嬉しくなったよ。

住友病院の魅力は教育体制の充実

Thank you! 住友病院の魅力は教育体制の充実
先輩:
新人教育は本当に充実してるよね。研修やカリキュラムが整っていると思います。就職してから働きやすい環境ですね。
新人:
私も、教育のカリキュラムがしっかりとしている印象があり、住友病院を選びました。自分に何ができるか、今何ができていないかを把握してくれていて、きめ細かいフォローがあると感じています。
先輩方と一緒にケアに入るので、技術をとっても近くで学べます!一つひとつの技術を、根拠を持って実施していけるのがこの病院のいい所だと思います。
先輩:
病棟の雰囲気もとってもいいですね。全然ギスギスしてないって自負してる(笑)
先輩後輩関係なく、プライベートなお話もするし。
新人:
自分がしんどくなった時、話を聞いてくれる先輩がいるのはとっても心強いです。

患者さんに寄り添える看護師になりたい

Study Hard! 患者さんに寄り添える看護師になりたい
先輩:
私は学生の頃から終末期看護が気になっていました。
はじめて受け持った終末期の患者さんの印象が鮮明に残っているんです。
そういう場面に携われる仕事ってなかなかないし、ご家族にとってもとても大切。その時間を大切にしたいと考えていて。
また、所属している病棟の関係上、移植などの意思決定を支えることができる看護をしたいと思っています。
新人:
私は正直、今は大変さの方が強いんですが…(笑)
患者さんとの関わり方は一人ひとり違ってくるので、正解がなくて。
日々患者さんの葛藤している姿を目の当たりにすると、答え自体は全然見つからず、どんなふうに関わっていこうか、どんな言葉をかけようか、と考え続ける毎日です。
その方の心からの意思を引き出せる看護師になりたいと思っています。

背中を追いかけます!

Enjoy Together! 背中を追いかけます!
先輩:
今から夜勤の自立も始まってより大変になってくる時期やから、しんどくなる前に早めに教えてね。
あと、すごく熱心で、勉強もして、モチベーションも高いから、目指しているところも高いと思うの。それで自分を追い詰めて、しんどくなっちゃわないようにだけ、心掛けてね。
新人:
ありがとうございます!
私はひたすら先輩の背中を追います。良い所をたくさんたくさん吸収していきたいと思っています。私、先輩と一緒に病棟を周っていると安心するんです。
そこは先輩の雰囲気のおかげだと思っています。
先輩:
へへへ(照)ありがとう!これからも頑張っていこうね。
新人:
はい!

CONTACT

インターンシップ・病院見学会の
お申込みはこちらから

お申し込みフォーム